2021/04/01

ウィッチンケア第11号、2021年4月1日正式発行!

東京は薄曇り。大阪ではコロナ感染者が増加中...ウィッチンケア第11号。昨年は「一回休み」しましたが、本日(202141日)に正式発行です! みなさま、どうぞよろしくお願い致します!


ウィッチンケア第
11号(Witchenkare volume 11

発行日:202141

出版者(not社):yoichijerry(よいちじぇりー)

A5判:212ページ/定価(本体1,300円+税)

ISBN: 978-4-86538-111-5 C0095


【掲載作品~目次より】

006……オザワミカ/ご機嫌を取り続ける毎日

012……長谷川 /アマウネト──Kさんのこと

018……久保憲司/電報

022……カツセマサヒコ/それでも殴りたい

028……朝井麻由美/ユカちゃんの独白

032……久山めぐみ立てた両膝のあいだに……一九八〇年代ロマンポルノの愉しみ

038……仲俣暁生/テキストにタイムスタンプを押す

044……小川たまか/トナカイと森の話

052…… 那典/ターミナル/ストリーム

058……長谷川町蔵/川を渡る

064……トミヤマユキコ/俺がお前でお前が俺で──マンガ紹介業の野望

068……武田 /日本語の曖昧さと「無私」の言葉

074……谷亜ヒロコ/鷺沼と宮前平へブギー・バック

080……清水伸宏/定年退職のご挨拶(最終稿)

088……古川美穂/おいの言霊

094……多田洋一/捨てたはずのマフラーどうしちゃったんだっけ

108……武田砂鉄/クリーク・ホールディングス漆原良彦CEOインタビュー

114……我妻俊樹/猿に見込まれて

120……藤森陽子/上書きセンチメンタル

126……柳瀬博一/富士山と古墳と国道16号線

134……中野 東男は斜めに生きる

140……美馬亜貴子/コレクティヴ・メランコリー

146……東間 /パーフェクト・インファクション──咳をしたら一人

152……宇野津暢子/水野さんとの15

158……荻原魚雷/古書半生記

162……宮崎智之/五月の二週目の日曜日の午後

170……かとうちあき/チキンレース問題

174……吉田亮人/対象

178……ふくだりょうこ/知りたがりの恋人

184……ナカムラクニオ/妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」

190……木村重樹/生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃

196……矢野利裕/資本主義リアリズムとコロナ禍の教育

206……参加者のプロフィール


編集/発行:多田洋一

写真:岩田量自

instagram: @johnny777

デザイン:かむらまき

取次:株式会社JRC(人文・社会科学書流通センター)

印刷/製本:株式会社シナノパブリッシングプレス


〈2010年4月創刊のインディーズ文芸創作誌「Witchenkare(ウィッチンケア)」は今号で第11号となります。発行人・多田洋一が「ぜひこの人に!」と寄稿依頼した、32名の書き下ろし作品が掲載されています。書き手にとって、小誌はつねに新しい創作のきっかけとなる「試し」の場。多彩な分野で活躍する人の「いま書いてみたいこと」を1冊の本に纏めました!〉

【公式SNS】

http://www.facebook.com/Witchenkare

https://twitter.com/Witchenkare

※そのご ノベライス・ウィッチンケア第11号
(下記URLを読むと第11号の全体がざっくり見渡せます)

2021/03/30

そのご(ノベライス・ウィッチンケア第11号)

一回休んだけど、ちゃんときましたよ。令和3年って、元号変わってからなんかいいことあったっけ?


ねえ、キミ。毎度おんなじ口調で唐突に現れるけれどもいくつになったんだっけ...と言いかけて僕は口を塞ぐ。「キミ」呼ばわりも「年齢を尋ねる」のも、アウトっぽい。元号が変わっただけじゃなく、社会のルールも変わりつつあるのだ。


「ほんとは安倍総理が東京五輪を大成功させて、その熱気が一段落してから発行する予定だったのに、世の中わからないもんだね。でもとにかく、見た目的にもかなりリニューアルした第11号ですよ!」

「おう...無事発行おめでとう。201041日創刊だから、けっこう長く続いてるんだね」

「今号もすでに、取次さんを介して書店さんに配本済み。いくつかの本屋さんでは、直取引で先行販売も始まってるから」

「きっちりやることやってるなぁ...オレはコロナ禍でメンタルが、ちょっと厳しい」

「そんな人にこそ読んで欲しい最新号になりました。病は気からって言うじゃない。とにかく、隅から隅までちゃんと読まないと殺しにくるからね」

「お、おう..。わかった」


いつものように僕を脅迫して彼女は去った。しかし、突然窓から入ってきて「殺す」とかって捨て台詞みたいに...こういうの、平成ならともかくいまポリコレ的にどうなのよ。まっ、いずれにしても令和最初の号か、と思いながら、僕はウィッチンケア第11号をじっくり読み始める。


表紙は...ずいぶん雰囲気変わったな。ロゴ、そしてエディトリアル面での変化は新たに今号を手がけたデザイナー・かむらまきのセンスに依っている。そして扉のクレジットには「写真=岩田量自」と。あっ、インスタグラムでは「ジョニー」が通り名の、気鋭の写真家だ。あれっ、前号まであった「すすめ、インディーズ文芸創作誌!」っていうキャッチフレーズはなく、ただ「文芸創作誌|volume 11」とだけ小さく。これはきっと「インディーズ」とか「オルタナティヴ」とかみたいな、「○○に対する」的な〈誌としての姿勢〉からの方向転換を表明している、のかも。


ページをめくると前号まであったwords@worksも消えマゼンダ一色の写真が。とくに説明はしませんのでとにかく掲載作品を読んでください、という〈誌としての姿勢〉かな、この変化も。


<目次>には、32の人名が同じ大きさで並び、各名前の下に掲載作品のタイトル。作品名より人の名前が上なのは、創刊以来変わっていない。




今号のトップは初寄稿のイラストレーター・オザワミカ。誰の「ご機嫌」についての一篇なのかは、読んでのお楽しみ。鬱々とした世の中を楽しく生きるヒントが詰まっている。次も初寄稿の長谷川裕TBSラジオ「文化系トークラジオLife」のプロデューサーが、こども時代に出会った、忘れ得ぬ人について語っており心に響く。久保憲司の作品は、前半の日常性が、後半ワールドワイドに飛躍して驚愕! やはり初寄稿のカツセマサヒコ。物騒なタイトルだが、ある種の静けさに貫かれたまま最後まで一気に読んでしまう作品だ。朝井麻由美の小説は、ユカちゃんの気っ風のいい独白に共感者続出か? 久山めぐみの精緻な映画論は、こんな時代だからこそ厚みのある視野で読んで欲しい作品。仲俣暁生の作品内にある「タイムスタンプ」という言葉は、テキストというものの意味を再確認させてくれる。小川たまかの穏やかな筆致のなかに込められた強い思い、多くのかたに届いて欲しい。柴那典は「バイラル」な時代を検証。タイトルがなにを指しているかは、プロフィール欄で明らかになる。長谷川町蔵の小説の舞台は町田。いずれ「あたしたちの未来はきっと」が増補版で刊行されたら、ぜひ収録してもらいたい一篇だ。トミヤマユキコはマンガという表現の可能性を示す一篇を。自身のスタンスをしっかり語っていて信頼できる。武田徹は日本語が内包している曖昧な表現形式を、世代間の齟齬も例に出して考察。谷亜ヒロコは自分の原風景である鷺沼を、2021年の目で思い出も交え語っている。初寄稿の清水伸宏は「ある事件に立ち会った編集者の独白」という形式での、虚実が謎な小説を。古川美穂は自身の介護体験を背景に、今年話題になった「あの人」への痛烈な一言を放つ。発行人でもある多田洋一の作品はじつに困った男が主人公だが、「福富」「麻耶」にピンときた人はウィッチンケアの愛読者に違いない。武田砂鉄はまたもや前号(そのまえも)と同じ、あの人へのインタビュー。確実に時代を反映している作風に「隠れファン」「ツボです」、との評判を発行人は聞いた。我妻俊樹の掌編は、やはりこのくらいのテキスト量だからこそ可能な、他所での作品とはひと味違った書き下ろし新作。藤森陽子は少女時代に出会った「まあちゃん」との逸話を回想し、昨今の世情を読み解いている。柳瀬博一の作品は、昨年刊行された『国道16号線: 「日本」を創った道』を読んだ人にぜひ届けたい、後日談的な一篇。自らも「東男」である中野純は、現在の町の風景をラティスの目(斜め)から捉え直している。美馬亜貴子の小説は、コロナ禍での体験も踏まえ、クールな作風ながら人間観察眼の鋭さが刺さる。東間嶺もまたコロナ禍の実相を、前号寄稿作で鮮やかな存在感を示した女性の「その後」的に描いた。宇野津暢子の淡く危険な恋愛小説には、ネット時代に「繋がること」へのためらい/期待が入り交じっている。荻原魚雷の古本にまつわる随筆では、コロナ禍を体験したからこそ「見えて」きた日常の意味が語られている。宮崎智之の作品からは男女の心の綾、そして恋愛感情の機微がビター&スウィートに伝わってくる。かとうちあきの作品はユーモアと辛辣さが絶妙。「あるある」な話だと楽しく読んでいると、核心をグサッと突いてくる。吉田亮人の一篇は写真家にとっての「対象とのディスタンス」について、身近な生活の中で再確認した瞬間を書き記した。ふくだりょうこの小説は、いまの時代の「男子」にとって、笑い話ではなくホラーなのかもしれない。ナカムラクニオの架空インタビューは、まるで目前にフロイトが生き返ったかのような錯覚をもよおしそう。木村重樹はロックバンド・KISSとの出会いの衝撃を、愛情たっぷりに多角的な視点で語り倒している。矢野利裕は中高一貫校の教員である自身の立ち位置から、コロナ禍を経ての「多様な個人」の育成について論じている。


32篇の書き下ろし後に、今号に関わった関係者のプロフィールを掲載。裏表紙を想起させる写真があって、その後に創刊号~第10までの表紙写真と奥付。表3からも以前はあったwords@worksが消え、マゼンダ一色の写真。


裏表紙の人間は、ポストコロナの世界へと向かっているのか? ……こんなに読み応えのある本が、じつは以前より値上げして(本体:1,300円+税)でして、みなさまごめんなさい。小誌を続けていくためのこととご理解くだされば嬉しく存じます。


それで、今回もまた繰り返すしかないのだが「ウィッチンケア」とは、なんともややこしい名前の本だ。とくに「ィ」と「ッ」が小文字なのは、書き間違いやすく検索などでも一苦労だろう。<ウッチンケア><ウイッチンケア><ウッチン・ケア>...まあ、漫才のサンドウィッチマンも<サンドイッチマン>ってよく書かれていそうだし、そもそも発刊時に「いままでなかった言葉の誌名にしよう」と思い立った発行人のせいなのだから...初志貫徹しかないだろう。「名前変えたら?」というアドバイスは、ありがたく「聞くだけ」にしておけばよい。


そしてそもそも「ウィッチンケア」とは「Kitchenware」の「k」と「W」を入れ替えたものなのだが、そのキッチンウェアはプリファブ・スプラウトが初めてアルバムを出した「Kitchenware Record」に由来する、と。やはりこのことは重ねて述べておきたい、とだんだん話が袋小路に陥ってきた(というか、いつも同じ)なので、このへんにて。


2021/03/20

写真家・岩田量自さん(ジョニーさん)について

 ウィッチンケア第11号に掲載するすべての写真は岩田量自さんの作品です。岩田さんは1988年生まれで、ご自身の公式サイトには「iPhoneで撮影することに魅了され写真の世界に入り込む」との一文が。

 ...つまり、岩田さんはいわゆる「インスタグラマー」としてキャリアをスタートさせ、その後、さまざまな分野で活躍するようになった写真家なのです。2017年にはapple社の“shot on iPhone”キャンペーンに作品が採用され、世界25ヶ国のビルボード広告として掲載、2018年にはunsplash awards streetphotography部門受賞。建築/都市設計の専門知識をベースに空間とスケール、光と影を意識した、ミニマルな都市風景作品を多く発表しています。

 

小誌は第9号以降、寄稿作(テキスト)以外のほぼすべてが、写真家の作品発表スペース(紙のギャラリー)となるようなレイアウトに変更しました。vol.9菅野恒平さん、vol.10長田果純さんに続き、さて(1年休んじゃったけれど)今年はどなたに?

 

...昨年の秋、私は「XICO PHOTOGRAPHER2.0 FILE」のURLをネットで発見し、そこにお名前の挙がっている67名の作品をすべて拝見。その中で個人的に一番印象に残ったのが、岩田さんの作品でした。幸い某SNSで「共通の友達(の友達)」という繋がりもあり、10月には直接お目にかかってご相談、第11号に作品を提供してくださることになったのです。

 

以下、岩田さんと初打ち合わせしたさいの、雑感をふたつほど。

 

私(発行人・多田洋一)は情報紙/雑誌が出自の編集者・ライター。写真家(カメラマン)といえば、ロケや取材に同行してもらったりスタジオで(ときには徹夜で)撮影をお願いしたり、という時代を経てきました。

 

出版社の写真部門にフィルム申請してストロボなんかの機材と一緒に受け取ってロケバスに乗って仕事中に何度かメシ食って撮影後はラボにフィルム突っ込んでもらってお疲れ〜と酒飲んで翌日は編集部で切り出したポジをフィルムビュワー&ルーペで見ながら「これ、見開きドーンでいけますね」とかダーマトで印つけて...と書いていて「あのころはずいぶん手間かかったな」と溜息しか出ませんが、つまり、言いたいのは、カメラマン(女性カメラマン、とかいう表現も普通にあったw)というと、むかしはそれなりに「どこの雑誌でどんな写真の仕事をしているか」ということに関心を持っていた、と。

 

ところが、岩田さん。少なくとも私の印象では、初対面のさいに私が「むかし○○という雑誌の」みたいな自己紹介話をしても、あまり具体的にはわからなかった様子。聞けば、写真の仕事は「クライアントから直接引き受けること」が多い、とか。ああ、雑誌...紙媒体(含む小誌)......時代は変わったなぁ、と強く印象に残りました。

 

もうひとつ。岩田さんはインスタグラムやツイッターでは「johnny」と名乗っています。「なぜ、ジョニー?」と思っていたので聞いてみました。正解は「ジョニー・ウィンターが好きだから」...ちょっと待って。ジョニー・ウィンターっていったら、私が中高生時代のギター・ヒーロー。それも、「オレ、ちょっとブルースにはうるさいから」っていうヤツが聞くような。これも、好きな音楽は新旧関係ないって時代なのかな、とやはり強く印象に。

 

というわけで、小誌第11号のビジュアルは「インスタグラマーにしてジョニー・ウィンター好き」な岩田量自さんの写真に支えられています。ここに掲載したのは、扉写真(モノクロ)のカラー・ヴァージョン。本当は全作カラーで掲載できればよかったのですが、誌面の都合でゴメンナサイ。岩田さんの写真をもっと堪能したい方は、下記のサイトへも、ぜひ!

 

【公式サイト】

https://www.iwataryoji.com

【インスタグラム】

https://www.instagram.com/johnny777

note

https://note.com/ryoji1988

Twitter

https://twitter.com/blueeeees

 



それでは、ウィッチンケア第11号、正式発行(41日)までもう少しですので、みなさまどうぞお楽しみに!


2021/03/13

ウィッチンケア第11号校了!

 本日午後、ウィッチンケア第11号無事校了となりました。寄稿者、制作関係者、そして読者のみなさま、ありがとうございました。みなさまあっての小誌、と今回もあらためて肝に銘じます!



「まあ、とにかく2020年の秋ぐらいまでは東京五輪で大騒ぎだろうから、ウィッチンケアはその喧噪が一段落した後に腰を上げて」。そんなつもりで平成最後の月に第10号を発行し、しばらく世の中を静観する予定でしたが...なんとまあ、今日の時点でも「オリンピックほんとにやるの?」みたいな話が飛び交っているとは!! ちょっと、想定外とかじゃなくて、私(いや、おそらく全地球人)の想像を超えた2021年春を迎えています。

そんなわけでありまして、今号、コロナ禍やオリンピック関連のあれこれ、政治や経済や教育などの社会問題などが色濃く反映された1冊となりました。ネットのようにリアルタイムではありませんが、2019〜2021年という時代の刻印として、多くのかたに読まれれば嬉しく存じます(時代に関係なくマイペースな作品を寄稿してくださったかたもいます、もちろん)。

書店には早ければ3月26日(土曜日)頃から並び始めるはず。書店関係の皆様、小誌第11号(BNも)のご注文は、(株)JRCの下記URLよりよろしくお願い申し上げます。

http://www.jrc-book.com/list/yoichijerry.html

そしてそして、アマゾンでの予約も、すでに開始しています!

https://amzn.to/30KQc2x

みなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます!


ウィッチンケア第11号(Witchenkare volume 11

発行日:202141

出版者(not社):yoichijerry(よいちじぇりー)

A5判:212ページ/定価(本体1,300円+税)

ISBN: 978-4-86538-111-5 C0095


【掲載作品~目次より】

006……オザワミカ/ご機嫌を取り続ける毎日

012……長谷川 裕/アマウネト──Kさんのこと

018……久保憲司/電報

022……カツセマサヒコ/それでも殴りたい

028……朝井麻由美/ユカちゃんの独白

032……久山めぐみ/立てた両膝のあいだに……一九八〇年代ロマンポルノの愉しみ

038……仲俣暁生/テキストにタイムスタンプを押す

044……小川たまか/トナカイと森の話

052…… 那典/ターミナル/ストリーム

058……長谷川町蔵/川を渡る

064……トミヤマユキコ/俺がお前でお前が俺で──マンガ紹介業の野望

068……武田 徹/日本語の曖昧さと「無私」の言葉

074……谷亜ヒロコ/鷺沼と宮前平へブギー・バック

080……清水伸宏/定年退職のご挨拶(最終稿)

088……古川美穂/おいの言霊

094……多田洋一/捨てたはずのマフラーどうしちゃったんだっけ

108……武田砂鉄/クリーク・ホールディングス漆原良彦CEOインタビュー

114……我妻俊樹/猿に見込まれて

120……藤森陽子/上書きセンチメンタル

126……柳瀬博一/富士山と古墳と国道16号線

134……中野 東男は斜めに生きる

140……美馬亜貴子/コレクティヴ・メランコリー

146……東間 嶺/パーフェクト・インファクション──咳をしたら一人

152……宇野津暢子/水野さんとの15

158……荻原魚雷/古書半生記

162……宮崎智之/五月の二週目の日曜日の午後

170……かとうちあき/チキンレース問題

174……吉田亮人/対象

178……ふくだりょうこ/知りたがりの恋人

184……ナカムラクニオ/妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」

190……木村重樹/生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃

196……矢野利裕/資本主義リアリズムとコロナ禍の教育

206……参加者のプロフィール


編集/発行:多田洋一

写真:岩田量自

instagram: @johnny777

デザイン:かむらまき

取次:株式会社JRC(人文・社会科学書流通センター)

印刷/製本:株式会社シナノパブリッシングプレス


〈2010年4月創刊のインディーズ文芸創作誌「Witchenkare(ウィッチンケア)」は今号で第11号となります。発行人・多田洋一が「ぜひこの人に!」と寄稿依頼した、32名の書き下ろし作品が掲載されています。書き手にとって、小誌はつねに新しい創作のきっかけとなる「試し」の場。多彩な分野で活躍する人の「いま書いてみたいこと」を1冊の本に纏めました!〉

【公式SNS】

http://www.facebook.com/Witchenkare

https://twitter.com/Witchenkare


Vol.11 Coming! 20210401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare