2018/05/29

vol.9寄稿者&作品紹介34 我妻俊樹さん

コンスタントに新作を発表し続けている我妻俊樹さん。今年1月には「忌印恐怖譚 くちけむり 」(竹書房文庫)が刊行、またWeb光文社文庫のSSスタジアムでも順調に掌編を連載しています。小誌でも創刊号からずっと、書き下ろし作品を寄稿くださっていて...これらを本のかたちにまとめて世の中に出したい、と私は常々願っているのです。作者自身がメディアに登場することはあまりないが、作品は確実に積み重なっている。とくに小誌での掲載作品は実験的な要素も多くて、「ホラー作品」「怪奇小説」といったジャンルでは括りきれない、まさに我妻ワールド。これが小誌各号でばらばらにしか読めないのは、ちょっともったいない状況だと思います。

我妻さんの今号への寄稿作には、なぜか寿司が頻出します。いや、べつに寿司職人が主人公とか、あるいは江戸前寿司の歴史が語られているとか、そういうことではないのですが、作品を読んでいて引っかかってくるのは、なぜか寿司。たとえば、冒頭からして<夜は最初から頭の中で考えていたことだった。電車を降りたら寿司屋に寄ること。どんな寿司屋でもかまわない。きっと回転寿司の、それも一皿百八円だとわかっている店に入ることは、容易に想像できる。だからというわけではないが、あえてどんな寿司屋でもいいことにした>...。

他にも、<電車を降りたら、まっすぐどこかの通りを行けばあるだろう、寿司屋。日本はもうすぐ、寿司屋のコンベアがつながって一周する国になろうとしている><寿司屋は無数の点として、線でつながれるのを待っている><夢の中でわたしたちは寿司は川を渡るのだと知った。橋の欄干がベルトコンベアで、そこにうっかり手を置くと寿司をつかんでしまう。つかんだ寿司をレーンにもどしてはいけない。マナーを子供たちにしっかりと伝えたい。心から心へ>...。

そして極めつけの寿司シーンは、終盤に差し掛かるところでの...<わたしの子供時代は、回転寿司のない時代である。今ではコンビニへ行くのにコンベアをくぐっていく。地面に這いつくばって。コンビニで、握り寿司を買って帰ってくる。コンベアのうに軍艦をとびこえる。寿司が寿司をよぎる>。なんだか寿司に惑わされて、作品の本質を私は見誤っているかもしれませぬ。みなさま、ぜひ小誌を入手して、この一篇の本質を究明してみてください!



十一月の終わりだったと思う。夜にはおにぎりが余り、冷え切っていった。凍ったわけでもないのに、硬くて歯が立たなかった。つめたさをそう感じたのかもしれない。近所のスーパーは二十二時閉店だから二十時頃に出かけ、パック寿司を漁ろうとしている。太巻きや鉄火巻き、かっぱ巻きなどは、空腹や頭痛は見過ごされて、冷蔵ケースに余っており、いなり寿司は最後の一個で、迷っているうちに女が持ち去り、それらは全部二十パーセント引きだった。握り寿司は何のシールも貼られていない。そんな! あの夜中のおにぎりの石のような拒絶、みたいな人が時々そばに立っている。友達でも家族でもない、そういう人ににらまれて手を伸ばすと、また空腹は見過ごされ、ペットボトルのコーラは大きすぎるものを買った。残して気の抜けたそれを風呂場に流すのが好きだ。

ウィッチンケア第9号「光が歩くと思ったんだもの」(P212〜P216)より引用
goo.gl/QfxPxf

我妻俊樹さん小誌バックナンバー掲載作品
雨傘は雨の生徒」(第1号)/「腐葉土の底」(第2号&《note版ウィッチンケア文庫》)/「たたずんだり」(第3号)/「裸足の愛」(第4号)/「インテリ絶体絶命」(第5号)/「イルミネ」(第6号)/「宇宙人は存在する」(第7号)/「お尻の隠れる音楽」(第8号)

http://amzn.to/1BeVT7Y

Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare