2021/06/01

ウィッチンケア第11号のまとめ

 ウィッチンケア第11号(Witchenkare volume 11)


発行日:2021年4月1日
出版者(not社):yoichijerry(よいちじぇりー)
A5判:212ページ/定価(本体1,300円+税)
ISBN: 978-4-86538-111-5 C0095

【掲載作品~目次より】
006……オザワミカご機嫌を取り続ける毎日
012……長谷川 裕アマウネト──Kさんのこと
018……久保憲司電報
022……カツセマサヒコそれでも殴りたい
028……朝井麻由美ユカちゃんの独白
032……久山めぐみ立てた両膝のあいだに……一九八〇年代ロマンポルノの愉しみ
038……仲俣暁生テキストにタイムスタンプを押す
044……小川たまかトナカイと森の話
052……柴 那典ターミナル/ストリーム
058……長谷川町蔵川を渡る
064……トミヤマユキコ俺がお前でお前が俺で──マンガ紹介業の野望
068……武田 徹日本語の曖昧さと「無私」の言葉
074……谷亜ヒロコ鷺沼と宮前平へブギー・バック
080……清水伸宏定年退職のご挨拶(最終稿)
088……古川美穂おいの言霊
094……多田洋一捨てたはずのマフラーどうしちゃったんだっけ
108……武田砂鉄クリーク・ホールディングス漆原良彦CEOインタビュー
114……我妻俊樹猿に見込まれて
120……藤森陽子上書きセンチメンタル
126……柳瀬博一富士山と古墳と国道16号線
134……中野 純東男は斜めに生きる
140……美馬亜貴子コレクティヴ・メランコリー
146……東間 嶺パーフェクト・インファクション──咳をしたら一人
152……宇野津暢子水野さんとの15分
158……荻原魚雷古書半生記
162……宮崎智之五月の二週目の日曜日の午後
170……かとうちあきチキンレース問題
174……吉田亮人対象
178……ふくだりょうこ知りたがりの恋人
184……ナカムラクニオ妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」
190……木村重樹生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃
196……矢野利裕資本主義リアリズムとコロナ禍の教育
206……参加者のプロフィール


編集/発行:多田洋一
写真:岩田量自
デザイン:かむらまき

取次:株式会社JRC(人文・社会科学書流通センター)
印刷/製本:株式会社シナノパブリッシングプレス

■2010年4月創刊のインディーズ文芸創作誌「Witchenkare(ウィッチンケア)」は今号で第11号。発行人・多田洋一が「ぜひこの人に!」と寄稿依頼した、32名の書き下ろし作品が掲載されています。書き手にとって、小誌はつねに新しい創作のきっかけとなる「試し」の場。多彩な分野で活躍する人の「いま書いてみたいこと」を1冊の本に纏めました!

【公式SNS】

Facebook

Twitter

Instagram

note

※小誌は全国の主要書店でお取り扱い可能/お買い求めいただけます。見つからない場合は上記ISBNナンバー(978-4-86538-087-3)でお問い合わせください。

【書店関係の皆様へ】
ウィッチンケアは(株)JRCを介して全国の書店で取り扱い可能。最新号だけでなくBNも下記URLで注文できます。


※BNも含めamazonでも発売中!










Vol.11 Coming! 20210401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare