2021/06/01

ウィッチンケア第11号のまとめ

 ウィッチンケア第11号(Witchenkare volume 11)


発行日:2021年4月1日
出版者(not社):yoichijerry(よいちじぇりー)
A5判:212ページ/定価(本体1,300円+税)
ISBN: 978-4-86538-111-5 C0095

【掲載作品~目次より】
006……オザワミカご機嫌を取り続ける毎日
012……長谷川 裕アマウネト──Kさんのこと
018……久保憲司電報
022……カツセマサヒコそれでも殴りたい
028……朝井麻由美ユカちゃんの独白
032……久山めぐみ立てた両膝のあいだに……一九八〇年代ロマンポルノの愉しみ
038……仲俣暁生テキストにタイムスタンプを押す
044……小川たまかトナカイと森の話
052……柴 那典ターミナル/ストリーム
058……長谷川町蔵川を渡る
064……トミヤマユキコ俺がお前でお前が俺で──マンガ紹介業の野望
068……武田 徹日本語の曖昧さと「無私」の言葉
074……谷亜ヒロコ鷺沼と宮前平へブギー・バック
080……清水伸宏定年退職のご挨拶(最終稿)
088……古川美穂おいの言霊
094……多田洋一捨てたはずのマフラーどうしちゃったんだっけ
108……武田砂鉄クリーク・ホールディングス漆原良彦CEOインタビュー
114……我妻俊樹猿に見込まれて
120……藤森陽子上書きセンチメンタル
126……柳瀬博一富士山と古墳と国道16号線
134……中野 純東男は斜めに生きる
140……美馬亜貴子コレクティヴ・メランコリー
146……東間 嶺パーフェクト・インファクション──咳をしたら一人
152……宇野津暢子水野さんとの15分
158……荻原魚雷古書半生記
162……宮崎智之五月の二週目の日曜日の午後
170……かとうちあきチキンレース問題
174……吉田亮人対象
178……ふくだりょうこ知りたがりの恋人
184……ナカムラクニオ妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」
190……木村重樹生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃
196……矢野利裕資本主義リアリズムとコロナ禍の教育
206……参加者のプロフィール


編集/発行:多田洋一
写真:岩田量自
デザイン:かむらまき

取次:株式会社JRC(人文・社会科学書流通センター)
印刷/製本:株式会社シナノパブリッシングプレス

■2010年4月創刊のインディーズ文芸創作誌「Witchenkare(ウィッチンケア)」は今号で第11号。発行人・多田洋一が「ぜひこの人に!」と寄稿依頼した、32名の書き下ろし作品が掲載されています。書き手にとって、小誌はつねに新しい創作のきっかけとなる「試し」の場。多彩な分野で活躍する人の「いま書いてみたいこと」を1冊の本に纏めました!

【公式SNS】

Facebook

Twitter

Instagram

note

※小誌は全国の主要書店でお取り扱い可能/お買い求めいただけます。見つからない場合は上記ISBNナンバー(978-4-86538-087-3)でお問い合わせください。

【書店関係の皆様へ】
ウィッチンケアは(株)JRCを介して全国の書店で取り扱い可能。最新号だけでなくBNも下記URLで注文できます。


※BNも含めamazonでも発売中!










2021/05/31

ぜひ、新国立競技場で!(第11号編集後記)

 2020年を「一回休み」したウィッチンケアは、予定どおり毎年恒例の《5月はすべての寄稿者/作品紹介》〜編集後記に辿り着きました。しかし、今日(2021年5月31日)の時点でまだ《東京2020オリンピック・パラリンピック》がどうなるのかはっきりしていない、とは。なんか、戦争とかも、一度始めちゃうと「終わり」にするほうがたいへんなんだろうな、と思ってなりゆきを気にしています。

コロナ禍の影響? もちろん、いろいろありましたとも。思い返せば「よく出せたなぁ」と背筋が凍る局面も少なくなく...あっ、ひとつ具体的に書き残しておきます。これまでは新たな寄稿者に依頼する場合、そのかたの出版記念イベントに出向いたり、知人を介して面識を持ったり、みたいなことを大事にして小誌をつくってきました(オマエは古くさい、と言われてしまえばそれまでなんですが、でもそうしてきました)。今回、イベントも「知人を介して面識」もハードル高し。また昨今の〝世の中のルール〟的に「見知らぬ人にメールを送って見本誌送付のために住所を尋ねる」という行為も、ハードル高し。「PDF版があれば見ます」と返信をもらって「紙しかないんです」とお伝えして...そのままということもありました(その女性とは今号発行後に再連絡をとりあえる機会があり無事見本誌送付/いまは「怪しいヤツ」とは思われていない、と思う)。

そんな状況でしたが、写真家・岩田量自さんとデザイナー・かむらまきさんによる新しいビジュアルで、世の中に送り出した第11号。多くのかたの手に届くこと、発行人として切に願っています。そして5月いっぱいかかった《寄稿者/作品紹介》、もちろん各エントリーの「その時点での反響」も気になりつつ、でも前回も書いたように『「それぞれが毎号積み重なって当ブログがアーカイヴになること」の意味が大事』との思いは変わらず、です。

引き続き今号の読者を増やすための活動を続けます。同時に、五輪を横目で追いつつ、どんな次号がつくれるのかを考えます。「やっぱり小誌はここがこうなってないといけない」「あそこをああすればよりおもしろくなりそう」のような事柄がいろいろ頭にありまして、まぁ、いまのような諸々がビフォー・コロナになることはないでしょうが、それでも前に進む方法はあるはずなので。

前々号後記では「ウィッチンケアのM&Lな夕べ 〜第9号発行記念イベント〜」前号後記では文学フリマでの「ウィッチンケア書店」を告知できたのに、今回はちと寂しい!? いやいや、その分もしっかり充電して《五輪後》に備えます。みなさま、まずはウィッチンケア第11号をどうぞよろしくお願い致します!

って、またテキストばかりなので今年もいまの気分の1曲。...なにはともあれ厄災後はぜひ、このかたとでも新国立競技場で楽しくやりたいですなー!



2021/05/26

volume 11寄稿者&作品紹介32矢野利裕さん

 矢野利裕さんとも〝リアル〟ではだいぶご無沙汰しておりまして...そうか、小誌前号での寄稿者&作品紹介で「明日(5/26)の夕方4時から〜」と記した「文化系トークラジオLife トークイベント 武蔵野レアグルーヴ ~いま、〝武蔵野〟を再発見する~」でお目にかかって以来なのか。それでもネット経由で矢野さんのお話を伺ったり、文章に触れる機会は少なくなく、たとえばごく最近だと、今月8日に配信された荒木優太さん、仲俣暁生さんとの鼎談「文芸誌と文芸批評のゆくえ――新人小説月評における削除をきっかけに」だったり、あるいは音楽評論家の柳樂光隆さんや高橋健太郎さんと、Twitterで1980年代初頭の「ブリット・ファンク」についてつぶやき合っているのを拝見してたりして(当時貸しレコード屋でバイトしてたので、FreeezとかLevel 42とかがよく稼働していたけれど、なんとなく〝いわゆるフュージョン〟とごっちゃにされてた印象だったので、あれは違うムーヴメントだったよなぁ、と納得したり)。

矢野さんの小誌今号への寄稿作〈資本主義リアリズムとコロナ禍の教育〉は教育現場の実感として、近年の学生/生徒の生活・行動様式の傾向、それに対する学校(教師)の役割などについて論じたものです。4部構成で、[3]以降ではICT教育、コロナ禍による教育環境の変化についても考察。拝読致しまして、〝外野〟から雑な感想を差し挟むのは失礼だと思いつつも、しかし学内で日々「ワイヤレス・イヤフォンとスマホ」を身につけた若者とコミュニケートするのって、ホントにたいへんそう──私が町で見かける(だけの)最近の若者って、総じてこざっぱりしてて物腰柔らかくて、って印象なんですけれども──だな、と。「いずれ優秀な人材となりうるとともに現時点ではすぐれた消費者である、という「個性」のありかたを認めつつ、同時に〈規範意識〉を教えなくてはならない」という[2]の最後にある一節に、いまの教育の難しさを感じとりました。しかも〈規範意識〉のほうも社会の変化とともに揺らぎ続けている、のか...。

「自分の授業においてオンライン授業が順調だったのは、ひとえに、生徒の学力と文化資本が比較的高いからだと考えられる」という、コロナ禍での教育の当事者・矢野さんの言葉が印象的でした。こういう、謙虚かつ包括的に状況を判断してくれる先生の教え子は幸せだなぁ、と。作中には矢野さんがオンラインと併行しておこなった「オフラインでの働きかけ」についても語られています。みなさま、ぜひ小誌を手にとって全容をお確かめください!




 このように考えると、教員であるわたしたちが目の当たりにしている光景が、いかに新自由主義以降のものであるか。それは教員側だけでなく、スマホでつねにサービスの消費者として生きている生徒たちにおいても同様だ。だとすれば、登下校における教員と生徒のやりとりひとつとっても、そこにいかにグローバル資本主義が食い込んでいることか。このような状況下においては、教育の崇高な理念を掲げて、資本主義と無縁な領域を想定するのも、正直なかなか難しい。

〜ウィッチンケア第11号〈資本主義リアリズムとコロナ禍の教育〉(P196〜P205)より引用〜

【最新の媒体概要が下記URLにて確認できます】
【BNも含めアマゾンにて発売中!】


volume 11寄稿者&作品紹介31木村重樹さん

 2016年に開設したWeb上の《note版ウィッチンケア文庫》。現在20作品を掲載していますが、いつのころからか(数人抜きで)全期間アクセスのトップに躍り出て、以後、そのまま走り続けているのは、木村重樹さんが小誌第2号にご寄稿くださった〈私が通り過ぎていった〝お店〟たち〉。...たしかに、初出から10年が経ち、そこに書き残された諸々がより「貴重な証言」になったようにも思える──でも「ちょっと、何言ってんだかわからない」とZ世代からサンドウィッチマン・富澤的な反応をされるかもわかんないし〜──わけでして、ええと、今号での木村さんの寄稿作〈生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃〉は、〈私が通り過ぎて〜〉でも語られていたロックバンド・KISSについての、愛情溢れまくりな評論(←エッセイ、かも)です。私的には、〝ロック語り〟的に書いたらウン万字いけちゃいそうですが、ここは冷静に、内容のご紹介だけ(コロナ禍が治まったら〝リアル〟で、とことんw)。

洋楽に目覚め、1975年に初めてLP盤(『スージー・クアトロ・ストーリー 永遠のゴールデン・ヒッツ』/戸越銀座の〝街のレコード屋〟にて)を購入した木村さん。次に夢中になったのがKISSだったのは何故? 作中では〝なぜそこまでキッスに夢中だったのかと問われると、正直「よく覚えていない」のである〟としつつも、当時の記憶を辿りながら、このバンドの魅力(と裏話)について語ります。私は最初のLPが親に買わせた「CBS SONY 3周年記念 ギフト・パック・シリーズ『サイモンとガーファンクル』(限定版〈2枚組〉¥3,000 ●'72年度版アーティス・トカレンダー付)」で次は「栄光のシカゴ」、ロックのライヴ盤だと当時新宿高校の従兄弟の家から持ってきちゃった(まだ返してないw)「Chicago at Carnegie Hall」が初体験だったりするので、いやぁ、この頃の《初期設定》が後々の音楽傾向に大きな影響を与えているのだと思います。私はけっきょく「ロックも好き」な軟弱軽音楽好きになりました。

木村さんの寄稿作がきっかけとなり、私もKISSを聞くようになりました。じつは、高校生のとき町田バスセンターにあった新星堂で「地獄の狂獣 キッス・アライブ」を店内立ち聞きして以来、ラジオくらいでしか聞いたことなかったのです。なんというか、あのプロレス的な禍々しいルックスと「聞きやすい普通のロック」っぽい曲調にピンとこなくって。...でももう余生もあまり長くはなさそうなので、食わず嫌いは改めます。



 熱狂のピークは、レコードC面に収録された「100,000 Years」だ。曲の途中、ピーター・クリスのドラムソロに割り入るように、フロントマンのポール・スタンレーが観客とのコール&レスポンスを10分近く展開する。まるでミサの司祭のように……[*1]。
 ライブ盤を購入し、初めてこの曲を聴いた自分は、興奮のあまり鼻血を出したくらいだった(今でもライナノーツに鼻血の跡が残されているから、これは思い違いではない)。生のライブの熱狂をパッケージングすることに成功した同アルバムは、それまでのキッスのレコード・セールス不調を帳消しにする、全米チャート9位にまで登りつめた。

〜ウィッチンケア第11号〈生涯2枚目と3枚目に買ったレコード・アルバムについて──キッス讃〉(P190〜P195)より引用〜

木村重樹さん小誌バックナンバー掲載作品:〈私が通り過ぎていった〝お店〟たち〉(第2号&《note版ウィッチンケア文庫》)/〈更新期の〝オルタナ〟〉(第3号)/〈マジカル・プリンテッド・マター 、あるいは、70年代から覗く 「未来のミュージアム」〉(第4号)/〈ピーター・ガブリエルの「雑誌みたいなアルバム」4枚:雑感〉(第5号)/〈40年後の〝家出娘たち〟〉(第6号)/〈映画の中の〝ここではないどこか〟[悪場所篇]〉(第7号)/〈瀕死のサブカルチャー、あるいは「モテとおじさんとサブカル」〉(第8号)/〈古本と文庫本と、そして「精神世界の本」をめぐるノスタルジー〉(第9号)/〈昭和の板橋の「シェアハウス」では〉(第10号)

【最新の媒体概要が下記URLにて確認できます】

【BNも含めアマゾンにて発売中!】


2021/05/25

volume 11寄稿者&作品紹介30ナカムラクニオさん

 昨年10月に「描いてわかる 西洋絵画の教科書」(玄光社)、今年1月には「洋画家の美術史 」(光文社新書) 、そして今月は「こじらせ美術館」(ホーム社)と、アート系の著書をハイペースで上梓しているナカムラクニオさん。小誌今号への寄稿作は精神分析学者・ジグムント・フロイトへのインタビュー...えっ!? いえいえ、タイトルの〈妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」〉からもわかるように「もしフロイトが生きていたら」という創作作品であります。ナカムラさんがインタビュアーとなって、フロイトに聞いてみたかった質問を投げかける。答えるのは「ナカムラさんの知識として存するフロイト」、だという。作中のフロイトが語っている生い立ちや経歴は史実そのままですが...けっこう令和の世の中でもそのまま人生相談として通じそうな仕立てになっていまして、それは質問内容が人間にとっての普遍的な命題だから。ちょっと屈折した感じの語り口なのも、こんな人だったのかもしれないなぁ、という〝リアルさ〟を漂わせています。

「愛」についてのインタビュアーとのやりとり、とくに印象的です。「愛こそが、成功を生み出すということなのでしょうか?」という質問に対し、フロイトの答えは「そうだ。それは間違いない。あらゆるものの中心に愛を置き、愛し愛されることに至上の喜びを見出せた時、幸福は訪れるものなんだ」と、自信満々に肯定。しかし、インタビュアーがさらに「愛し愛されることに喜びを見出せれば、すべての人がみな幸せになれるのでしょうか?」と問うと、「いや、そうとも限らない」...なんか、急に弱気になったようで、なぜか女性心理に関しての持論へと話題がスライドしてしまいます。あれれ、このフロイトさん、もしかしたらトラウマ的な失恋とかを内々に引き摺っていて、でもそのことが偉大な研究成果に密かに影響を及ぼしている!? みたいな深読みもできておもしろい!

終盤にはフロイト流の「幸せに生きるヒント」も開陳されています。この答えがまた含蓄があるというか、煙に巻かれるというか...読者のみなさまにおかれましては、ぜひ本編の微妙なニュアンスを楽しみつつ、各自フロイトからのヒントを解釈して、幸せな人生を邁進してほしく存じます。



──弱さを認めれば、それだけでいいと? 
フロイト その通り。「力」とは、つねに、あなた自身の弱さの中から生まれるんだ。弱さを認めることが強さだとも言える。それに幸福になる方法なんて、自分で実験してみなければわからない。一定のルールなどは存在しないんだ。弱さこそが、強い殻を作り出す。サボテンにとげがあるのは自分自身が弱いからだ。アルマジロに固い殻があるのは、弱さの裏返しなんだよ。

〜ウィッチンケア第11号〈妄想インタビュー フロイト「夢と愛の効能」〉(P184〜P188)より引用〜

ナカムラクニオさん小誌バックナンバー掲載作品:断片小説 La littérature fragmentaire(第7号/大六野礼子さんとの共作)/〈断片小説(第8号note版ウィッチンケア文庫)/〈断片小説〉(第9号))/〈断片小説 未来の本屋さん〉(第10号)

【最新の媒体概要が下記URLにて確認できます】

【BNも含めアマゾンにて発売中!】


Vol.11 Coming! 20210401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare