2017/05/24

vol.8寄稿者&作品紹介25 谷亜ヒロコさん

短くもなく生きたせいでもう身動きとれねぇ...谷亜ヒロコさんの今号寄稿作を読んで、長らく見て見ぬふりをしていた悩み、ひさびさに向かい合わされました(泣笑)。主人公は<片付けるのが得意ではな>くて、さらに<物を捨てるのも得意ではない>と語る、齢<人生50年プラス2年>の既婚女性...(設定がリアルタイムと仮定して)逆算/時代考証してみました。1987年に22歳。その2年後、大納会の日経平均株価は3万8915円。<結婚して20年>とあるので、いまでいうアラサーで6歳年上のパートナーと新生活を始めた...あっ、なんか細かく詮索してすいません、主人公の<私>さま。でも、この世代の人が捨てる〝もう着れなくなっちゃった服〟は、ファストファッションのそれとは違うだろうな〜、と...いや、そういうのもポイポイ捨ててたのが、所謂バブラー?

<捨てる物は、そっと包んでから捨てている。一番大事な捨てる洋服は、カレンダーの紙。二番目は、カタログの紙で包む。その他の物は、透明でないレジ袋に入れている>...このヒエラルキー、きっと<私>なりの理屈があるんだと想像しましたが、それは愛着度なのだろうか、それとも、値段? よくわかりませんが、でも捨てるモノを丁寧に弔ってあげている<私>のやさしさには、ちょっとぐっときました。

失敗だった高い服、とか、ホントに困りますよね。なにしろ失敗なので、着て出かけられない。なのでべつに痛んだりせず、ずっとクローゼットにあって場所をとる。月日が流れても、そこにある。流行が変わり加齢により体型も変わり...日々の暮らしでクローゼットを開けるたびに「失敗です」と思い知らされて、ついに「オマエなんか私の視界から消え去れ!」となる...うちのクローゼットにも21世紀になって2、3回しか着てないダッフルコートあるんだが、どうしてくれよう。。。

ごくふつうの日常の話かと思っていたら、後半になって...いや、それは、ちょっと待って! という展開。他人事ではないと身が縮みましたが、しかし<夫>さまは夢にも思っていなかった? なんだか仲睦まじいご夫婦のようすが、一転!! 衝撃の顛末は、ぜひ小誌を手にとってお確かめください。



 捨て方の離れ業もある。旅行の時になかなか捨てられない下着を身につけて出かけ、持ってきた新しい下着と着替えて捨てるのだ。この場合もホテルの人の目を気にしていることも手伝って、何かに包んでから捨てている。万が一、包むものがなかった時のために、使い古しのカレンダーを持って行ったことすらある。なぜか海外など遠くへ行って捨てられた時ほど、快感だ。
 捨てにくい電化製品などの大物は、一度押し入れの奥になんでもぶち込むという方法を取っている。すると、存在を忘れて行き、何年かしたら捨てやすくなる。

ウィッチンケア第8号「捨てられない女」(P154〜P157)より引用
https://goo.gl/kzPJpT

谷亜ヒロコさん小誌バックナンバー掲載作品
今どきのオトコノコ」(第5号&《note版ウィッチンケア文庫》)/「よくテレビに出ていた私がAV女優になった理由」(第6号)/「夢は、OL〜カリスマドットコムに憧れて〜」(第7号)
http://amzn.to/1BeVT7Y

Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare