2018/05/31

ここまでの、これまでとこれから(第9号編集後記)

昨年の「目眩く未来はほんと?」を踏襲して、5月最後の日には今年も、編集後記的な雑感を。前号(第8号)は長谷川町蔵さんの「あたしたちの未来はきっと」、久保憲司さんの「スキゾマニア」という、小誌への掲載作をベースにした2冊の本が生まれた流れで正式発行日を迎えました。今号は、じつは昨年末、寄稿者の仲俣暁生さんと木村重樹さんからアドバイスをいただき、来月14日にイベントを開こうと決めまして、現在それに向けて準備を進めています。これまで誌面でしか知らなかった人たちがリアルな場に集って...どなたでも参加大歓迎の〝出会い系〟企画ですので、ぜひいらっしゃってください!

ウィッチンケアのM&Lな夕べ 〜第9号発行記念イベント〜

日程:2018年6月14日(木曜日)
会場:LOFT9 Shibuya
Open 18:00/Start 19:00
チケット:前売り2,500円/当日3,000円
      (税込・ドリンク別途)
          ※参加者にはウィッチンケア第9号、
            または在庫のあるBNをもれなく1冊進呈!

トークセッション……「ウィッチンケア第9号、私はこう読んだ!」
登壇者:仲俣暁生 かとうちあき 多田洋一(発行人)

DJタイム……寄稿者が選曲した音楽でenjoy!
DJとして登場するのは……
武田徹 長谷川町蔵 小川たまか 矢野利裕

鳴り物タイム……生アトラクション/誰が登場するかは当日のお楽しみ!

★総合音楽プロデュース:木村重樹

※LOFT9 Shibuya告知ページ
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/87121
※チケット購入はコチラ

※Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/863964613811696/

※お問い合わせ
本ブログのメールフォームからでも、下記公式サイトからでもお気軽に!
twitter.com/Witchenkare
https://www.facebook.com/Witchenkare



さて、第9号でも新たな参加者が(掲載順に、菅野恒平さん《写真》/宮崎智之さん/柴那典さん/長田果純さん/西田亮介さん/久山めぐみさん)。これまでの小誌にはなかったタイプの作品、ぜひお楽しみください。そして、ロゴ、表紙、レイアウトもリニューアル。それでも、継続するべき点は変えていないので...みなさま、どんな印象を持たれているのでしょうか?

...そうだ。小誌ページ内では目立たない(←なにしろわざわざインクを薄くしてる)ながら重要な役割を担っている表2と表3について。じつは、ここには各寄稿作のエッセンスともいえる文章が、掲載順と逆に抜粋/羅列してあります。もし小誌に帯を巻けるなら、そこに載せたいようなフレーズ。画像を貼ろうか? いや、今回はテキストを貼り付けます。このなかでひとつでもピンときたものがあれば、ぜひ本篇を読んでみてくださいね!

【表2】words@works1/2
きみはベッドの上でその一部始終を想像している(P216)
意味を盗まれた?(P206)
俺は最新トレンドが生き甲斐(P202)
四十過ぎても非正規の負け犬バカに権利とかないから(P194)
芥川賞作家の町田康さんの文章を書きうつしてみる(P188)
とはいえ、ウィルソンと澁澤(P184)
「カフェテラス本郷」や老舗の「近江屋洋菓子店」など(P180)
近眼のままただ焦点が合わなくなった(P175)
かりあげ君(P171)
奇しくもジョン・ゾーン以前からポストモダニズムと(P163)
神代のインモラル、魔境は彼方にあるものではない(P158)
友達に本田翼に似てるって言われちゃった(P150)
自称ミュージシャンの男(P143)
西荻窪と吉祥寺の間は1駅だけで(P135)
この地上で、私は買い出しほど、好きな仕事はない(P132)
よければ最高のレバ刺し、お出ししますよ(P120)
ガイネンとかどうでもいいし(P119)

【表3】words@works2/2
烏丸御池のすぐ側に「新風館」という複合商業施設(P108)
なぜ「共同幻想」というのか(P102)
エアコンのリモコンが行方不明(P99)
「私なんかこれだけですよ、これだけ」とまくしたてる(P92)
漆原さんには「エモさ」が足りません(P86)
えびの数だけ幸せに(P73)
この「いつの時代も」という一語は、決定的に重要だ(P69)
ふつうは男友だちと遊ばないでしょう(P63)
何者でもないうちに知り合いを作るという投資的な考え方(P58)
西谷祥子の『飛んでゆく雲』(P54)
闇夜のサッカーも全然問題ない(P48)
キスによって生気が奪われ死ぬというパターン(P41)
ミサコがパリの映画好きだったわ(P37)
私は散歩に目覚めてしまった(P31)
ケンちゃん!(P25)
踊ったらどうだい? そう皮肉げに告げた(P15)
35歳のぼくは「子ども」ではなくなった(P7)

と、すっかり文字が多くなってしまいました。やっぱり、最後に1曲。いまの時期だとこれ...神風特攻隊みたいなハラスメントは、もうたくさん! 




Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare