2020/01/25

吉祥寺BOOKSルーエにて「ウィッチンケア」創刊号〜第10号のフェア開催中

吉祥寺のサンロード商店街にある書店「BOOKSルーエ」さんにて、1月24日よりウィッチンケアのバックナンバーを取り揃えたフェアが開催中。題して《シリーズ このミニコミを見よ! 第一回 ウィッチンケアを見よ!バックナンバー全点フェア》...記念すべき第一回に選んでくださったこと、光栄の極みであります!



書店員の花本武さんとは数年前からやりとりがありましたが、勤務日の関係もあり、なかなかお目にかかる機会が持てないまま...でも、昨年11月の文学フリマでやっと実現。小誌創刊以前から吉祥寺にいけば覗いていた書店なので、このような機会をつくってくださったこと、大感謝です。

それとともに、貴重な売り場(平台)スペースをご提供いただいて、「ただの飾り物」になってしまってはいかん、とヒシヒシとプレッシャーも。みなさま、とりあえず初回は全号まんべんなく納品しましたので、ぜひ、まんべんなくお買い求めください! とくに創刊号〜第3号は私(発行人)の手元にも在庫がほとんどなく、秘策というか奥の手というか...を使ってかき集めました。取次会社にも、ほぼ在庫なし(某ネット密林、まれにプレミア価格にて出没...)。たぶん正規に出せるのは、これが最後かな!?

※今回ご購入くださったかたには、文学フリマ限定で配布した小冊子「よくわかるウィッチンケア」をもれなく差し上げます!



吉祥寺は個人的にも好きな町で、第4号までをつくった下北沢に住んでいたころには井の頭線でよく出かけました。いや、1992~94年は武蔵境に住んでいたので、チャリンコでもよくいってたな。いやいや、もっとまえ、高校生のころには吉祥寺BOOKSルーエさんのすぐ近く、本町新道を渡った郵便局の隣の地下に「赤毛とソバカス」というロック喫茶がジャズ喫茶「アウトバック」と並んでありまして、コーヒー1杯でずいぶん粘ってた。第6号掲載の拙作「幻アルバム」は吉祥寺が舞台で「赤毛〜」のことも出てきまして、そんな思い入れのある商店街の書店でフェアを開催してもらえたこと、ほんとうに嬉しいです。

昨日の午前中にご挨拶に伺い、ちょうどお昼なんで、近くのホープ軒へ。あれまっ、券売機が導入されたのか。麺は固め、味玉とメンマ。なんの迷いもなく赤い「唐華」を適量かけて、満足。



さらに、むかし近鉄百貨店のあった裏方面へと。ちょっと「ROL」で春物とか見ようかと思ったら「ただいま外出中ですぐに戻ります」との貼り紙...しばらく時間潰ししようとウロウロして、1度警察官2名とすれ違い、戻ってもまだ開いてないのでさらにウロウロしながら「このあとはディスクユニオンにもいってみよう...そうだ、正月にYou Tubeで観たBrufordのライヴがよかったんだけど、あのベーシストの名前、なんだっけ?」と思い立って怪しいホテルのまえでiPhoneを出して検索してたら「ちょっといいですか?」って、えっ!? まさかの職質!! ジェフ・バーリン、恨むよ〜。

と、最後は全然関係ない話題ですいません。。。BOOKSルーエさんのフェアは桜の便りが届くころまで開催してくださるそうなので、みなさま吉祥寺にいかれるさいは、ぜひ小誌のことをよろしくお願い申し上げます!

2019/12/31

第11号は2021年4月1日発行予定!

穏やかで晴天の2019年、大晦日。夜は冷え込むとの予報が出ていますが、これを書いている時点では気温18度の青空。今年は元号が変わり...ニュースは、なんだかつらいものが多かった記憶が。スポーツ関連の明るい話題にしても、ラグビーの日本vsスコットランド戦の日は私、「いだてん」の第39回「懐かしの満州」にすっかり心を持っていかれてしまって...視聴率3.7%で、大河ドラマの ワースト記録更新だったのか。

昨年末の当ブログには、今年4月に発行したウィッチンケア第10号について、「これまで積み重ねてきたことを大事にして、創刊号からの総決算的な1冊にしたいと考えています。」と記しました。そして、それはできたんじゃないか、といまでも思っています。と同時に、発行後から秋にかけて、では次の号はどんな展開で、ということも考え続けていました。

次号は2021年4月1日発行とする。少し時間をかけて、さらなるヴァージョンアップを目指そう。というのが辿り着いた結論です。2010年の創刊以来、この時期には内々で次号の寄稿者、ビジュアル、製本や流通についての準備を済ませ、年明けからは制作作業に入っていまして、それから5月いっぱい続く寄稿者&作品紹介までノンストップでしたが、その時間も次号のための準備期間にあててみようと思います。

2018年発行の小誌第9号には、長谷川町蔵さんの「30年」という小説が掲載されています。じつは、この作品を受け取ったのが同年の2月半ば。その時点での私の心配事は、小誌第9号が発行される4月1日までに、作品の前提となっている世の中のほうが変わってしまったらどうしよう、でしたが、それは杞憂でした。でっ、びっくりしちゃうのは、同作品の前提のままの世の中がいまも持続していることなんだけれども、さて、ウィッチンケアが「一回休み」した後の2021年の桜の咲くころの世の中は、果たして!? 来年は東京オリンピックもありますね。

と、テキストだけで終わらせるのもなんなので、今年もなにか1曲...となると、君島大空の「遠視のコントラルト」(か竹内アンナの「Free! Free! Free!」で、こっちは年初に埋め込み済み)。とてもよい曲なので、より多くのかたに聞かれますように!



みなさま、よいお年を! そして今後とも小誌をどうぞよろしくお願い致します。



2019/10/15

ウィッチンケア書店について

「まとめ」以外では5月31日以来の更新。先週末〜3連休は巨大台風(19号)の来襲があり、本来ならもう少し早くと思っていましたが...少し日をおいての告知となりました(被害に遭われた方々の一日も早い復旧を祈念します)。

小誌は11月24日(日曜日)に開催される第二十九回文学フリマ東京に、「ウィッチンケア書店」として出店致します。

昨年は6月にLOFT9 Shibuyaにてイベントを開催、そのさいの共同主宰者・仲俣暁生さん、木村重樹さんと「今年もなにかやりたいね」と春に相談、では実店舗を! ということで文フリ(文学フリマ)に申し込んで、2ブース分のスペースを確保致しました。

「ウィッチンケア書店」では、最新の第10号と在庫のあるBNに加えて、当日限定販売(か配布)の小冊子「よくわかるウィッチンケア(仮称)」を制作中。さらに仲俣さん、木村さん、多田、そして詳細は追って発表しますが、小誌寄稿者のオリジナル作品を販売する予定。ご期待ください!

もうすぐ文フリ事務局よりブースNo.などの連絡があるので、今後は当ブログを始め、もう少しフットワークの軽いFacebookページTwitterなどでも順次情報をお伝えしていく所存です。

第⼆⼗九回⽂学フリマ東京「ウィッチンケア書店」について

出店名:ウィッチンケア書店(申込番号/005007498)
主宰者:多田洋一(文芸創作誌「Witchenkare」発行人)、仲俣暁生、木村重樹
⽇ 時:2019 年11 ⽉24 ⽇(⽇曜⽇)11:00〜17:00
会 場:東京流通センター 第⼀展⽰場
東京都⼤⽥区平和島6-1-1(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1 分)



文フリについては下記URLをご参照ください。
https://bunfree.net/entry/

みなさまぜひぜひ、ご来場のほど、よろしくお願い申し上げます!

【追記】
ウィッチンケア書店、楽しく終了しました。下記Facebookイベントのページに当日の様子をアップしましたので、ぜひぜひ、ご覧ください!

https://www.facebook.com/events/2473750606011855/permalink/2508498895870359/



2019/06/01

ウィッチンケア第10号のまとめ

ウィッチンケア第10号(Witchenkare vol.10)
★2010年創刊。寄稿者35名の書き下ろし作品を掲載したインディーズ文芸創作誌



発行日:2019年4月1日
出版者(not社):yoichijerry(よいちじぇりー)
A5判:222ページ/定価 1,000円(+税)
ISBN: 978-4-86538-087-3 C0095 ¥1000E

CONTENTS
002……目次
212……参加者のプロフィール

編集/発行:多田洋一
アートディレクション:吉永昌生
写真:長田果純


【公式SNS】

【関連記事】
インディーズ文芸創作誌「ウィッチンケア」創刊10年 町田在住の編集者が発行(「相模原町田経済新聞」2019年3月29日/取材記事)
https://machida.keizai.biz/headline/2813/

私がインディーズ文芸創作誌を出し続ける理由(「マガジン航」2019年5月13日/寄稿文)
https://magazine-k.jp/2019/05/13/witchenkare-first-ten-years/

《編集後記》
《ノベライズ形式のダイジェスト》


※小誌は全国の主要書店でお取り扱い可能/お買い求めいただけます。見つからない場合は上記ISBNナンバー(978-4-86538-087-3)でお問い合わせください。

★【書店関係の皆様へ】ウィッチンケアは(株)JRCを介して全国の書店で取り扱い可能。最新号だけでなくBNも下記URLで注文できます。

※BNも含めamazonでも発売中!

2019/05/31

次はウィッチンケア書店!(第10号編集後記)

毎年恒例となった《5月はすべての寄稿者/作品紹介》、今年も無事コンプリートすることができました。第3号からほぼいまのスタイルで続けていまして、各エントリーのその時点での反響も(正直)気になるんですが、数号まえから「それぞれが毎号積み重なって当ブログがアーカイヴになること」の意味が大事かな、と気づいて続けています。

「毛布の上に仔猫がいるの?」...これ、小誌第10号表紙についての、私の知人からの言葉。えっ!? 猫いないでしょ、と思わず見直しましたが、そう言われてみれば、そう見えなくもない? 写っているのは毛布と、靴下かな。あと、スウェットなのかTシャツなのか。人肌の気配、というか、抑えたトーンながら不思議な生々しさも感じられて、それで小動物と錯覚されたのかも。撮影者・長田果純さんには尋ねてみたんですよ。いわゆる「蛻けの殻」状態になったベッドをプライベートな作品として写した、とのこと(撮影用にスタイリングしたとかではなく、日常の一コマの写真のようです)。

今号はここに辿り着くまで、なかなか「高い山」でした。寄稿者が決定して誌面づくりを始めてから、いくつか想定外のことが起こって。いや、それが今号の内容に悪く影響した、ってことはないのです。そこは、逆に意地になって「オレの魂」(←w!)に火が付いたから、ベストな第10号になった。

...でも、ひとつふたつ愚痴をこぼすと、昨年ぐらいから「もう後継機種にしても」と感じつつ、古いMacBook Proで編集作業を始めてしまった。レインボーカーソルと付き合いながらなんとか乗り越えられたので、ようやく引退させてあげられそうです。あと、昨年末に停車中のクルマをこすられちゃって、すぐに解決するかと思ったら「自分には100%非がない」ということを証明するのが意外とむずかしく、人生初の弁護士案件に。なんと半年かかって、先週末ようやく修理に出して、いまは慣れぬ代車を使っています。その他にもいろいろ(これらのほうが重要)あるけれど、立て付けからしっかり方策を練って、先に進もうと思います。

第10号発行のタイミングでふたつのエントリーがネット上にあがりました。第10号巻末の便覧と併せて、ぜひご一読くだされば嬉しく存じます。

インディーズ文芸創作誌「ウィッチンケア」創刊10年 町田在住の編集者が発行(「相模原町田経済新聞」2019年3月29日/取材記事)
https://machida.keizai.biz/headline/2813/

私がインディーズ文芸創作誌を出し続ける理由(「マガジン航」2019年5月13日/寄稿文)
https://magazine-k.jp/2019/05/13/witchenkare-first-ten-years/

そして、これは未来の話(前々号の「編集後記」でも書きましたが、私は未来に関してはdystopiaではなくutopia志向)。昨年〈ウィッチンケアのM&Lな夕べ 〜第9号発行記念イベント〜〉を共同主宰してくださった仲俣暁生さん、木村重樹さんとともに、2019年11月24日 に開催される「第二十九回文学フリマ東京」で、「ウィッチンケア書店」を出店しようと計画中です。ただ現行の本(BN含む)を売るのではなく、いろいろ楽しいアイデアを盛り込んだお店になれば、と。どうぞ御期待ください!

って、またテキストばかりになってしまったので、今年もいまの気分の1曲を。前作「Emily's D+Evolution」で気に入ったEsperanza Spaldingの 新譜から、ダンサブルなこれ。



それではみなさま、ウィッチンケア第10号をよろしくお願いいたします! 近くの書店で見つけられなかったかた、アマゾンでも好評発売中ですよ。

Vol.10 Coming! 20190401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare