2013/05/08

vol.4寄稿者&作品紹介08 林海象さん

「数多い足穂作品のなかでも、映像化するともっとも手強いだろうと感じていた。」

稲垣足穂の「彌勒」を映画にしたい。私はこの構想を、2003年9月に林海象監督から直接伺いました。月刊誌の仕事で大阪の庭園鉄道、京都の鞍馬山、同市内のとある廃屋等を同行取材したのですが、私の記憶が間違っていなければ、その時点ですでに「来年には公開したい」と...。そのくらい具体的な話で語れるほどに、監督の頭の中では“絵が描けていた”のだと思います。しかし監督は同時に、実際の映画制作については「いままでとはちがう方法を見つけなければいけない」「あせらず、探るように撮っていくしかない」とも。その真摯な表情から、映画の門外漢である私にも「新しいこと」に挑戦する表現者の緊張感が伝わってきました。そして月日は流れ昨年夏、ネット上で<謎の映画「彌勒 MIROKU」(現在は新世紀映画「彌勒 MIROKU」)>が制作中/2013年公開と知りました。10年という歳月がなぜ必要だったのかは不明でしたが(その事情については小誌掲載作でぜひ!)、ああ、林海象さんは「やると言ったことはやる」人だな、と震えるくらい感動しました。

「彌勒 MIROKU」は今年7月、現在の林監督の活動拠点・京都でまず公開され、その後全国の「観客のいる場所」に届けられる、とのこと。「彌勒 MIROKU 公式サイト」を見るとこの作品の特徴がよくわかります。たとえば90人のメイン制作スタッフは、京都造形芸術大学・映画学科の学生であること。映画は2部構成で、「第一部 少年編」では映画学科の女優たちが夢みる少年役を、「第二部 青年編」では永瀬正敏、井浦新、佐野史郎などおなじみの俳優が、夢のなれの果ての登場人物たちを演じていることetc.。「私立探偵 濱マイク」以来17年ぶりの林海象/永瀬正敏作品だというのも、映画ファンにはたまらないですね! 詳しくはぜひ http://0369.jp/ を隅から隅まで!! そして林海象さん、めちゃめちゃ多忙ななか、Facebookでの寄稿依頼を快諾してくださり、ありがとうございました。小誌掲載作品が「彌勒 MIROKU」のPRに少しでも役立てれば、発行人として本望です!

「彌勒」は難解な作品だが、私は稲垣足穂の自伝として読み深い感銘を受けた。極貧で数々のアルバイトに明け暮れていた二十代の私は、社会の厳しさと対峙し、真っ暗闇のなかでもがいていた。そんな自分と「彌勒」の主人公・江美留が重なった。
 足穂の凄さは、有言実行を生涯貫いたことだと思う。同時代の作家の多くは「心は昔のまま」と言いながらも、最終的には大きな家を持ち、「先生」と呼ばれて偉くなった。最後まで何も持たず、浴衣一枚で自身の信じる生き方を実践したのは足穂だけで、それは「自分の作品に責任を持った作家」だということだ。
 初めてこの作品を読んだ十代後半の私は、こんな大人がいることに驚き尊敬した。その頃の私には大人というものが、もっと嘘つきで汚いものに思えていたのだ。多感な時期に足穂と出逢えて良かったと、今でも思っている。
 十二年前、四十代になっていた私は「今なら『彌勒』を撮れるかもしれない」と、機が熟したような気持ちになった。すぐに脚本を書き始め、完成後許可を得るために、稲垣都という女性にラブレターのような手紙を書いた。都さんは稲垣足穂の唯一の肉親。実子のいない足穂が五十歳にして初めて結婚した、志代婦人のお嬢様だ。


ウィッチンケア第4号「『彌勒 MIROKU』誕生秘話」(P046〜P049)より引用
http://yoichijerry.tumblr.com/post/46806261294/4-witchenkare-vol-4-4

Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare