2013/05/03

vol.4寄稿者&作品紹介03 滝口ミラさん

「少しでもたくさんの人を幸せにして、いつまでも覚えていてもらえる人になりたいと思った。」

アイドリング!!! の卒業生、お笑いや芝居でも才能を開花させる滝口ミラさん。寄稿作「死にさえしなけりゃ大丈夫」の原稿を受け取ったときは正直、ちょっと衝撃でした。えっ、あの、事務所でご挨拶したときに可愛らしい笑顔を見せていた女の子(寄稿者を「女の子」呼ばわりはどうよ、とも思いますが、だって女の子! としか言いようのないミニスカート姿でしたし〜)が、ここまでがっちりした作品を書いてくださったのかと。...決して“軽いノリ”で寄稿依頼したわけではないのですが、それでも「選ばれて人に見られる仕事」をする方の底力に、ぐっときてしまいまして。この作品を小誌に掲載できたこと、いまは発行人として嬉しく思っています。

滝口さんのファンは、本作をどう読んだのだろう? いままで彼女のことを知らなかった人は、アイドルの「ネガティヴなぶっちゃけ」だと捉えて同情したのかな? 私は、滝口さんがさらに「先に進む」ために、得意な「文章による芸」も披露してみたのだと思っています。そもそも今回「書いてみませんか?」という話が持ち上がったのも、彼女が舞台の創作台本や新聞での映画評を、以前より執筆していたからですし。歌って踊れて、書けるアイドル! 私は遠くない未来に、滝口さんの書いた物語が本やドラマや映画になればいいな、と願っています。そして、同じものを書く人間として、私のなかにも「いつまでも覚えていてもらえる人になりたい」はあるよ、とも。

 私もお金はないに等しかった。なるべく実家通いがいいのだが、地方からの上京組の私はそうもいかなかった。私は六畳一間の部屋に二人暮らしをし、毎日もやしを食べて生活をし、雑草根性を養った。
 この貧乏生活で分かったことがある。アイドルでいたいなら、食べ物と美容代だけはケチってはいけないということだ。私はなんとか食費節約をするために、安物の麺類やパン、ご飯などの炭水化物ばかり食べて、激太りという大惨事を起こしてしまった。思春期で食べ盛りだったのも重なり、十キロ以上、太ってしまった。不摂生な生活で同時に肌荒れを起こし、ハイビジョンテレビに耐えれないような容姿になり、体調不良で倒れて仕事に穴を開けたことも度々あった。芸人さんの場合、貧乏生活はネタになるが、アイドルは元気が、命。悲壮感を悟られてはいけない。食べ物は一番気を使い、野菜中心の生活でしっかり過ごさなければいけないことを学んだ。
 美容院のお金もきちんと出すべきだった。実績があり自分に合った美容師さんにカットとカラーリングしてもらわないと、少しでも安いところでやってもらうと、大失敗してしまいます。
 そのぶん、節約すべきなのは私服のお金。衣装が用意されていない場合を除いて、一番コストダウンできるところだ。ジーパン一枚、Tシャツ何枚かあれば、充分。おしゃれしたい年頃ですが、そこは衣装でぐっと我慢するのだ。


ウィッチンケア第4号「死にさえしなけりゃ大丈夫」(P018〜P025)より引用
http://yoichijerry.tumblr.com/post/46806261294/4-witchenkare-vol-4-4

Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare