2019/05/27

vol.10寄稿者&作品紹介28 久山めぐみさん

小誌第9号での掲載作では神代辰巳と小沼勝という二人の映画監督を介して、ロマンポルノの物語形式を読み解き、そこではなにが描かれているのかを論じた久山めぐみさん。今号への一篇でも、題材はポルノグラフィ。しかしながら、たとえば寄稿作前半で言及されている作品『わたしのSEX白書 絶頂度』について、主演女優・三井マリアがどんな人だったとか、あるいは音楽を担当したコスモスファクトリーがどんなバンドだったとか、そういうことには一切触れられていません。筆者はただひたすら映像に映り込んだ町の風景(とそこでの人間の気配)を観察し、“映画内で繰り広げられる物語”との整合性を探しています。じつは、『わたしの〜』のロケ地は東京都品川区東大井(作品内では「住居表示や駅名などを一切写さず、ある意味で匿名的な場所として映画世界を構築しようとしている」)。西東京在住の私からすると、ええと、オレは競馬もしないし、勤め人時代に運転免許更新で鮫洲の運転免許試験場にいったことあったかなぁ、という(敢えて言いますが)辺鄙なところ。しかししかし、久山さんはそこがかつての宿場町のはずれであり、人工的にできた埋め立て地であるからこそ、隠微で「荒涼とした性の世界」を描くのにふさわしい場所だったのではないか、と推論します。

寄稿作後半では『色情姉妹』『密猟妻』『団地妻を縛る』といった作品を題材に、千葉県浦安市が語られています。浦安といえばいまや、朝井麻由美さんの寄稿作に出てきたファンタジックな鼠のホームグラウンドとして有名ですが、ええと、ちょっとは言及されてますよ。「(第一期埋め立てには、1983年に東京ディズニーランドが開園される舞浜エリアも含まれる。)」と、この地もまた人工的な場所であることを説明するくだりで資料的に。でっ、久山さん的な主題にもどりますと、筆者は1972年制作の『色情姉妹』と、『密猟妻』『団地妻を縛る』(1980年と1981年)では、浦安の描かれ方が異なっていることに注目しています。前者での浦安は「質素な暮らしを営む人々の住む下町であり、リアリズム映画の展開する低地」、それが後者では...このあたりの綿密な考察は、ぜひ小誌を手にとってお確かめください。映画論としてだけでなく、都市論としても読み応えのある内容です!

編集者として忙しい生活を送っている久山さん。本稿執筆のため、休日返上で極寒の浦安取材を敢行してくださったと伺いました(大感謝!)。その成果は寄稿作終盤の、浦安住民が境川沿いを歩くことの意味合い、に触れた箇所あたりに反映されているようにも。また、本作では東西線への語り口が「彼女は東西線に乗り、自分に対して痴漢してきた男を探し回る(もちろん痴漢行為に欲情したため痴漢を次なるターゲットにしたのだ)。東西線は彼女の欲望を乗せて、川を越え、浦安と外部の世界とを往来する」と、印象的(熱い!)ですが、きっと久山さん、取材の往復には東西線を使ったのだろうな〜。



 ところで、立会川が勝島運河に流れ込む東大井二丁目は旧荏原郡大井村の区域にあり、品川宿の南はずれである。立会川が現在の勝島運河に流れ込んでいるすぐ北西には旧東海道がはしる。旧東海道が立会川にさしかかる橋は、かつて涙橋と呼ばれた。大井村は1932年、東京市に遅れて編入された。この一帯は江戸‒東京のちょうど外縁部であり、江戸時代には人・馬・物が行き交っていた場所だった。
 江戸‒東京の外縁部を流れる川を性、死が混淆する異界として表象しうる、という指摘がある。前田愛は鶴屋南北『東海道四谷怪談』で死骸が流れつく深川の隠亡堀に江戸空間の「昏い水のイメージ」を見、為永春水『春色梅児誉美』の隅田川のほとりに「放埒な性の風景」を見ている(「墨東の隠れ家」)。「ノーマルな都市空間」をはずれたところに、そこでしか展開しえない性的放縦がある。立会川の小さな流れと運河の揺蕩いの淫靡びさ。『わたしのSEX白書 絶頂度』は、江戸‒東京の川=異界をめぐる表象の系譜に連なるものではないか。

ウィッチンケア第10号〈川の町のポルノグラフィ〉(P168〜P174)より引用

久山めぐみさん小誌バックナンバー掲載作品
神代辰巳と小沼勝、日活ロマンポルノのふたつの物語形式〉(第9号)

【最新の媒体概要が下記URLにて確認できます】
https://bit.ly/2GSiNtF
【BNも含めアマゾンにて発売中!】
http://amzn.to/1BeVT7Y

Vol.10 Coming! 20190401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare