2022/04/18

正式発行から2週間ちょい経って(ウィッチンケア第12号)

 2~3月の引き籠もり編集作業から一転。桜が咲いてからの発行人は都内を中心に、書店さま巡礼の日々を送っています。帰宅すると、この10年で500回もつぶやいていなかったTwitterの個人アカウントで情報発信。とにかく、「今度のウィッチンケアはおもしろいですよ!」ということを、可能な限り多くの方に伝えたいと思っています(SNS各種でご協力いただいている皆様、大感謝!)。

発行人の肌感覚(?)では、これまでのどの号よりも重層的な展開だなという手応えです。ご理解を示してくださった書店が増えたこと。寄稿者がさらに多様になったことで、興味を持ってくれる層が広がったこと。そして、おそらく、それなりに動いている(売れている)ような気配が、書店員さまやSNS上の声から感じ取れている(取次会社からの追加注文も入りました)。



正式発行から2週間ちょい。月刊誌や季刊誌であれば「そろそろ次号は」の時期なのでしょうが、小誌は年1回発行。ここからが頑張りどころだと思っています。この先、発行人ができること。都内(それも私が東京の端っこ/町田市在住のためついつい西側方面)だけでなく、もっと広範囲の書店さまに小誌の存在を伝えること。そして、第12号に掲載された42名の書き下ろし寄稿作品について、その魅力を個別に紹介していくこと。

例年は5月1日から“ほぼ1日1作”のペースで《寄稿者&作品紹介》をおこなってきましたが、今号はそれだと梅雨入りしても続いていそうなので、今週中にスタート致します。これから1ヶ月余、各種SNSがさらに喧しくなりそうですが、ぜひお付き合いください。

そして、来月5月29日に開催される「第三十四回文学フリマ東京」には、3年ぶりに「ウィッチンケア書店」として出店します(仲俣暁生さん、木村重樹さんとの共同主宰)。この準備を恙なく進めるためにも、書店さま巡礼と《寄稿者&作品紹介》は、より俊敏に遂行せねばなりませぬ。

ここ数日の寒の戻りと雨に活性を挫かれていましたが、切り替えていきます。みなさま、2022年4月1日に正式発行となりました文芸創作誌「ウィッチンケア」第12号を、引き続きどうぞよろしくお願い致します!

★noteにまとめた《ウィッチンケアを手に取れる書店》一覧、こちらにも最新版を掲載します!

【北海道】


【秋田県】


【東京都】



Vol.12 Coming! 20220401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare