2019/03/21

長田果純さんについて

ウィッチンケア第10号に掲載するすべての写真は、前号に「八春秋」という一篇を寄稿してくれた長田果純さんの作品。長田さん、最近は三越伊勢丹グループの春のキャンペーン「花々祭2019」の特設ウェブサイト(MIKIKOさん、犬山紙子さん等)、ロックバンド・Lenny code fiction(レニーコードフィクション)片桐航さんの撮り下ろしなど、ファッションや人物撮影で活躍していまして、昨年の『コマーシャル・フォト』(2018年 8月号)では〈【特集】彼女たちの視点 共感時代の女性フォトグラファー〉の一人として紹介されています。

...あと10日ほど経つと、次の元号が発表される、とのこと。私(発行人)は次の天皇陛下と同学年(同級生には「美智子さん」が多い)としてこの世を生き存えてきましたが、平成生まれの長田さんの作品が、自ら発行するウィッチンケアの第10号(平成最後の号)を飾ってくれること、なかなか感慨深いのであります。

仕事以外でもフィルムカメラで作品を撮り続けている長田さん。今回小誌に掲載される作品については「個人的な写真」とSNSで語っていまして...たしかにどれも、写真という表現を介して作者個人の〝言葉(というか「声」のようなもの)〟が伝わってくるものばかり。「なにかが写っている」んだけれども、でもそれだけではなくてその背後にもやもやとした〝言葉〟の気配を感じるのです。それは「メッセージ」とかいうわかりやすいものではなく、もうちょっともやもや(←この表現が適切かどうか、不安/スイマセン)...いやいや、私の拙い説明ではなく、ぜひみなさま、小誌で長田さんの作品と対峙してみてください!



ここに掲載したのは、小誌第10号の扉写真。他にも素敵な写真、そして長田さんの寄稿作も掲載されていますので、みなさまお楽しみに! あっ、アマゾンでの予約もすでに始まっています!

amzn.to/2XVpxxC




Vol.11 Coming! 20210401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare