2017/05/12

vol.8寄稿者&作品紹介12 水谷慎吾さん

今号掲載作で、ご自身のことを<グラフィックデザインを稼業とする個人事業主>と語っている水谷慎吾さんは、2007年よりフリーランスでの活動を開始。現在はCDジャケット制作など音楽分野、またFC町田ゼルビア(Jリーグ)のグラフィックアドバイザーとしてシーズンスローガンロゴやグッズを手がけたり、最近はマンダム<GATSBY>シリーズ・ヘアカラー商品パッケージのデジタルイラスト、TBSラジオの新番組[興味R]のロゴデザインも制作。さらにDJチーム・HABANERO POSSEにグラフィック担当として参加...と、まさに八面六臂の活躍です。

そんな水谷さんとは、町田経済新聞編集長・宮本隆介さんとのご縁で知り合いました。小誌は創刊〜第4号まで世田谷区代沢で発行していましたが、第5号以降は私が町田市(実家)に戻りまして...その後いろいろな偶然も重なり、ご寄稿依頼することに。ちょっとおもしろかったのは、水谷さんの個人事務所が目黒区某所でして、そこは区名だとアレなんですが、私の代沢時代の住所起点だと「あ〜、淡島通り渡ってちょっと先の」くらいの、よく歩いていた場所...もしかすると、何度かすれ違っていたかも!?

作品内で<私にとって少し特別な存在>(=表題の「ミューズ」)と紹介されている、仮谷せいらさん。水谷さんの行動力には遠く及びませんが、私にとってもけっこう思い入れのある歌手なのです(いま自分のFacebookを遡ってみたら2013年4月29日に<tofubeatsの「 lost decade」がいい!>とはしゃいでまして、仮谷さんの「N.M.D. / おとなになるまえに 〜2012 live at club jungle OSAKA」にリンク貼ったりもしてる...)。同アルバムのM-2「SO WHAT!?」は、なんの予備知識もなく聞いてヴォーカルに心貫かれた、ほんとうに好きな曲。当時ちょっと体調も崩していたんで、なんか、21世紀の「守ってあげたい」(松任谷由実)的な聞きかたしてたかも。

仮谷さんと水谷さんの出会い、そしてその後の素敵な創作...ぜひ多くの方に読んでもらいたいと思います。作内ではシャネルとイネス、アンディ・ウォーホルとイーディについて(遠慮がちに)触れられてますが、運命的なことって、誰にでも起こりますよね...そう思って生きてたほうが楽しいし、それに気づけるような人間でありたい〜!



(前略〜)とあるライブの動画で、ゲストで登場してきたのが仮谷せいらだった。
 歌声に驚いた。「音源よりもすごく強い声がこの人は出るんだなぁ」と思っていたところ、春から東京に拠点を移したようで、私の事務所の近所でのライブを告知し始めた。「これは一度見ておこう」とすぐさまチケットを取って、仕事を中抜けして見に行った。
 ライブから事務所に戻り、気づいたら自分の略歴と作品を添えて、「今どなたか担当がいらっしゃるのなら、なにか一緒に仕事ができないか」という旨の営業メールを送っていた。それから程なくマネージャー氏と会い、一緒に仕事をし始めることになる。
 普段自分から積極的に営業をするタイプではないし、それまでヒップホップのアーティストなど、ゴリッとした同年代の男性を担当することが多かったので、一回り以上年下の、当時二十一歳の女性にアプローチするとは、いまになっても随分思い切ったことをした、と赤面する〝事案〟である。

ウィッチンケア第8号「小さなミューズは突然に」(P072〜P075)より引用
https://goo.gl/kzPJpT

Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare