2010/04/09

(株)啓文社社長・入江啓文さん

Witchenkareの印刷/製本は、可能なら「誰がつくってくれるのかがわかる」印刷会社にお願いしたいと思っていました。近年はネット経由でデータを入稿すると指定日までに本を送ってくれる、といったサービスもあるようですが、私は古いタイプの人間なので。

昨年末、都内の印刷会社をあれこれ検索していると、あ、私がかつて住んでいた「世田谷ボロ市」の町の近くに、自費出版や少部数印刷でも引き受けてくれる会社が! HPの問い合わせ欄に「漠然とした問い合わせ」をメールすると、その日のうちに返信が!!

年が明けて、いよいよWTKを本気でつくることになり、私は天気のいい日の午後、昼食と「気になっていた印刷会社」の外観を見るためにチャリンコで松陰神社まで。そして辰屋でガツンと腹を満たしていたせいか、パワーが出てきて「すいません、こちらの会社って...」と“飛び込み”。突然の訪問に対応してくれたのは(株)啓文社社長・入江啓文さんでした。

ページ数、部数、そして予算程度しか伝えられなかったのですが、入江社長からは「なんとかしましょう」との返事。私たちがやろうとしていることに理解を示してくれたこと、そして「この人がつくってくれるんだ」という気持ちになれたことが嬉しかったです。

3月上旬、レイアウトがほぼ完成し、アートディレクターの有北眞也さん、通常業務では本の装幀も手掛けている浅生ハルミンさんとともに、ふたたび啓文社へ。入江社長との約1時間の打ち合わせで、使用する紙や入稿方法について確認しました。そこで贅沢を言えばきりがないので、あくまでも、当初の予算内での工夫。じつは最初に入江社長に会ったときよりページ数、写真点数が増えていたのですが、それでも「なんとかしましょう」という入江社長の返事は変わらなかったのです。

それから製本されたWitchenkareが届くまでは、いま思えばあっという間だったな。私のところには発送日に、啓文社さんが直接届けてくれました。

Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare