2016/03/16

between now and then, Tokyo(徳吉久さん)

本日下版したウィッチンケア第7号。誌面に掲載されている写真はすべて、徳吉久さんのものです。

表紙はヘルシンキで撮影。そして本文扉以降、奇数ページに<between now and then, Tokyo>というクレジットともに掲載されているのは、徳吉さんが小誌今号のために撮り下ろした東京の景色。

昨年秋に徳吉さんと会い、正確な文言は思い出せませんが、たぶん「なんか、渋谷のシネマライズも取り壊しちゃうみたいで、私の目に馴染んだ東京がどんどん変わっているような気がします。きっと東京で次のオリンピックが開催される頃には、いまふつうだと感じている風景がすっかり<それ以降の未来>仕様になって...って、まあ考えてみれば、私は前のオリンピック仕様の東京に馴染んでいたわけなんだけど」みたいなことをぼやいたはず。

同時に、次号ではぜひ徳吉さんが写した最近の東京を掲載したいな、とも。日頃ヨーロッパ等での写真撮影が多い徳吉さんの目(とカメラ)に、どんな東京が見えているのか興味があったのです。

編集段階では掲載できたもの以外にも、たくさんの素敵な写真を見せてもらいました。ぜひ小誌以外でも、多くの方の目に触れる機会があればいいのに、と思っています。

まずはもうすぐ発行される第7号で、厳選された写真をお楽しみください! 下記は予告編として、扉の一枚。

Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare