2014/03/31

タモリと久美堂

ウィッチンケア第5号の正式発行を明日に控え、この週末はずっと外回りをしていました。そのためメールなどの返信が遅くなり、ご迷惑をかけたみなさま申し訳ありませんでした。

それで、今日は事務的なことを片っ端から、と思っていましたが、どこからともなく聞こえてくる「今日でいいとも! 最終回」情報。テレビを見ていなくても、FBでの話題が桜かタモリばっかり...それで、録画予約はしたのですが、やっぱり「いいとも!」はお昼だよな、と思い直して生放送視聴しました。何年ぶりだろう〜!? 前回見たオザケンは録画だったし、その前って...でも「いいとも!」っておそば屋さんやフェリーの待合所みたいな場所にあるテレビで眺めると、けっこういい風情だったりしたな。


それで、こんな機会なので私のタモリ体験を書いておこうと思いました。じつは、タモリのコメントをもらいにいったことがあるんです、アルタまで。いま調べ返してみたら、1999年。「いいとも!」はそのときでも充分長寿番組だと思っていましたが、私まだ30代だったのか。

曜日は忘れましたが「インスタントイングリッシュ ―おばちゃん海外輸出計画― 」というコーナーがあったんです。担当していたのは極楽とんぼ(山本圭一さんのいた頃の)。簡単な英会話をダジャレ風に身につけよう...まあ「What's Your Name?」を「風呂入っちゃうね」と覚えましょうみたいな感じなんですが、このコーナーを本にすることになり、私が構成/編集/テキスト(視聴者投稿の再構成といくつか書き足し等)、イラストを山口マナビさんが担当し、1冊にまとめました。でっ、せっかくの番組公認本なんだからタモリからのコメントもあとがき風に掲載しようということになり、短い時間ですが話を聞きにいったのです。当時の不思議な感覚はいまも忘れません。その頃は下北沢に住んでいたのですが、取材の準備を進めているうちにお昼になり、テレビにタモリ登場。15分くらい見て家を出て小田急線へ。アルタの裏口から入ってスタジオに着くと、ちょうど番組の終わり頃。あっ、リアル大橋マキさんかわいい! なんて感じでしばらく待っているとディレクター氏と担当編集者の話がまとまり、奥のカーテンが付いた小さな打ち合わせ席へ。目の前にタモリ。ごくごく常識的で礼儀正しく、こちらの質問にきちんと答えてくれながら、少しだけおもしろい逸話も。30分くらいでしたかね。お礼を述べて退室し、きっとタモリはもう俺のこと忘れてるだろうな、と。あっ、この本。いまでもアマゾンで買えますよ!
http://amzn.to/1gSPiWw

というわけで「いいとも!」は終わりましたが、ウィッチンケア第5号はこれからです。今日は町田の老舗書店・久美堂に営業にいってきました。ここは私が子どもの頃からマンガや参考書を買い続けてきたお店。ぜひお取り扱いいただきたいと、アポイントを入れて伺い、嬉しいことにOKをいただきました。ありがとうございます!

正式発行までにできることはやりました。みなさま、小誌をどうぞよろしくお願い致します。下の写真は久美堂の帰りにバスを途中下車して見た、市民球場の桜。


Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare